アメリカはピッツバーグで出会った、気になる食品・食材、へんてこなモノ、心打つモノ・・・気の向くままにつれづれと。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
クランペットに、はまる。

 イギリスのパンケーキ、クランペット(Crumpets)。パンケーキといえば、ベーキングパウダーを使いますが、こちらは、イーストで発酵させたゆる~い生地を作り、セルクルを敷いたフライパンに流し入れて焼いたもの。イギリスでは、ティータイムや軽食によく食され、小説の中でも、度々登場します。でも残念ながら、日本では、なかなかお目にかかれませんでした。
 ところが先月、こちらのスーパーのパンコーナーの片隅に、ひっそりと佇むクランペットを発見!早速、お味見に購入してみました。パンケーキとイングリッシュマフィンを足して割ったような、もちもちしっとりとした食感・・・う~ん、これはイケる!今では、そのスーパーに行く度に、かごに入れております。


20061212170513.jpg 


 


 


 ある日の朝ごはん。


 


 
 電子レンジで30秒程温めてから、トースターで色がつくまで焼くのが我が家流!熱々にバターを塗って、メープルシロップをたっぷり回しかけたものと、ジャム&サワークリームがお気に入りです。表面にあいた穴に、バターやシロップがしっかり染み込んで、幸せ気分に浸れます。
 材料はとってもシンプルで、作り方も簡単そう。週末のブランチに、焼きたて自家製クランペットを楽しむのもいいですね。こうして、作りたいものリストが、どんどん膨れ上がっていくのです。。
 


人気blogランキングへ
banner
 ← 押すと出ます、今日のつぶやき。

 

スポンサーサイト
【2006/12/14 12:23】 たべもの | トラックバック(0) | コメント(8) |
Holiday Party

 先週末、夫の通う大学主催の"Holiday Party"というものに参加してきました。ドレスコードは、男性はスーツもしくはジャケット、女性はカクテルドレス。ディナーの後には、ダンスタイムが用意されているとのこと・・・ついつい気後れして、案内状も見て見ないふりをしていたのですが、とにかく何にでも参加したい派!の夫に、まんまと押し切られ向かったのでした。  


20061212144911.jpg  20061212144900.jpg
 
 会場となったのは、カーネギー美術館。古代イタリアの彫刻や装飾柱に囲まれた大きなホールを貸し切り、それはそれは本格的なパーティーの予感。(写真が暗くて、雰囲気が伝わりにくいのが残念ですが・・・)ホール四隅には、天井にまで届きそうな大きなクリスマスツリーが飾られ、その素敵な空間にいられるだけで、来てよかった~と思えるのでした。  
 会場には、200人を越す学生とパートナー達が、ぞくぞくと集まります。社会経験を積んだ人が大半のMBAの学生達は、学生といえど皆さん大人で、アメリカ人に限らず、社交慣れした人が多い。私のように、どちらかというと、自ら壁の花になりたがるタイプの人にも、みんな気さくに声をかけてくれるのです。そして、みんな、同じ場所に留まって同じ人と話し続けるのではなく、うまくタイミングをはかりながら、また新たな知り合いを見つけては、次のグループへと移り、会話を楽しんでいくのです。パーティートークの達人たちですね!あっぱれ。  
 何はともあれ、私も、日本人女性1人の中、よく頑張ったと思います(自画自賛)。英語はともあれ、この雰囲気には慣れ、自分なりに楽しむことができました。夫よ、出不精の私を連れ出してくれて、どうもありがとう。  


人気blogランキングへ
banner
 ← 押すと出ます、今日のつぶやき。

 


20061212144931.jpg


こちら、Christmas Advent Calender。日めくりで数字のかかれた扉を開けると、中からチョコレートが出てきます。(ちなみに、TJ'sで99セント!)  


 


確か小学1年生の冬、サンリオのアドベントカレンダーを、友人のお母さんから、いただきました。中から、可愛らしいおもちゃとお菓子が出てくるもの。1日目に1個、2日目に1個、3日目に・・・あ~、もう我慢なら~ん!と、全ての扉を開けてしまい・・・ふと我に返った時は、後の祭り。甘くて苦い思い出です。 

【2006/12/13 06:01】 パーティー | トラックバック(0) | コメント(3) |
初アメフト観戦!

 一昨日の夜の気温、-8℃。この冬、初の積雪を記録し、天気予報では、dangerously coldと表現されていました。そんな中迎えた、人生初のアメフト観戦!日本では、こんな日にスポーツ観戦なんて、まさに狂気の沙汰?! ・・・が、ここは、アメフト大国。通常のルートでは、チケットを入手するのも至難の業(お金を積めば別ですが)。せっかく手に入れたチケットを手放すなんて、それこそ尋常でない決断、行かないわけにはいけません。


20061208223123.jpg


 


 


今回は、なんとも幸運なことに、年間パスポートを持つ友人のご両親から、無料で譲り受けたのでした。


 


 寒さを心配する夫に見送られ、いざ試合会場へ。前年度スーパーボールで、見事優勝を果たした、わが街のヒーローSteelersの本拠地Heintz Fieldです。



20061209161225.jpg20061208223155.jpg

 観客席は、この寒さにもかかわらず、スティーラーズカラー、黄色&黒に身を包んだファンでほぼ満席。私たちも、体には、毛布をぐるぐるに巻きつけ、手袋の中にはカイロを仕込み、なんとか2~3時間は耐えられる万全の装備で、試合観戦に臨みました。


20061208223210.jpg


 TVで見ていた光景を、目の前にするのは、不思議な感覚です。TVでは、画面で切り取られた枠内しか見ることができないので、やはり迫力が違います。チーム全体の動きを初めて目にし、アメフトとは、こういうスポーツなのか!と、実感しました。


↓こちらが、ケチャップで有名なHeintzならではの、おもしろい仕掛けです。


20061208223221.jpg


電光掲示板の両端にある、ケチャップにご注目。スティーラーズのオフェンス陣が、Red Zone (20ヤードライン)に入ったら・・・
ケチャップの瓶が傾き、ふたが開き・・・




20061208223232.jpg 


ケチャップが流れ出し・・・


20061208223246.jpg 


こんな風に、会場をさらに盛り上げるのです!なんとも、おちゃめな仕掛けですこと。相手チームが、同じ状況になった場合は・・・何も起こりません。完全アウェーですね(失笑)。


 
 前年度とは打って変わって、不振の続くスティーラーズでしたが、今回の試合は、絶好調!3 quater くらいで、試合の成り行きがほぼ見えてきた辺りで、さっさと帰り始めるファン続出。あなた方、本当にファンなのか?・・・と少々疑問にも感じましたが、これは長年の信頼のなせるわざなのでしょう。(もしくは、さすがのアメリカ人も、この気温に根を上げたのか。。)
 そして、試合は、Cleveland Browns に27-7で圧勝し、気分のよい初観戦となりました。


人気blogランキングへ
banner
 ← 押すと出ます、今日のつぶやき。


 
*特別賞~ファション部門*

20061209174325.jpg20061209174411.jpg

(左) 体がピンクになって、ガタガタと震える二人。
    カメラを向けると、このポーズ!ご苦労様です。

(右) 出陣前の友人。
    スティーラーズ色を身にまとい、嬉しそう。(チンドン屋さん風・・・)

【2006/12/10 08:46】 アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(10) |
撮影現場!

 わが街ピッツバーグに、サラ・ジェシカ・パーカーがやって来る!これは、芸能ニュースには、縁遠い暮らしを送っているピッツバーグ住民にとっては、ビッグニュースです。(でも実際の反響はというと、アメリカ人の多くは、さほど興味を持っている様子もなく、むしろアジア人の方が興味津々といった感じでした。) 
 ピッツバーグが撮影の舞台となる今回の映画は、サラとデニス・クエイドが主演の『Smart People』。先日は、夫の通う大学でも、撮影が行われ、昨日のニュースでは、ピッツバーグ市長と話すサラの様子が報じられていました。  


20061206224306.jpg 


 


 


←路上に停まる撮影用のトラック数台。

 そして、今日の撮影場所となったのが、なんと友達の住むアパート!彼女のアパートでは、1週間ほど前に、住民へのお報せの紙が配られ、ロビーも模様替えをしたとのこと。英語教室に向かいながらもソワソワしている彼女につられ、今日は昼過ぎから、彼女のアパートで張り込み(?)をすることにしました。 
 撮影は、部屋の1室で行われているようで、駐車場に停められた巨大な照明車が、一室の窓を照らし出しています。あの、白いシートの後ろに、サラが・・・!エレベーターでその階に向かうも、扉が開くと、すぐのところに、ワイヤレスマイクを耳にした関係者が立ちはだかる。とても、廊下を覗ける雰囲気ではありません。s


20061206224321.jpg 20061206224334.jpg



20061207000333.jpg


 一度は諦め、彼女の部屋でお茶をするが、どうも落ち着かず、ベランダから路上に停められた機材車を見下ろしては、何度も状況を確認する。


 


 その後も、エレベーターに乗って撮影現場に近づこうと試みましたが、ついに、サラとの夢のご対面は、かないませんでした。「この部屋から撮影現場まで、直線距離にすれば50mもないだろうね・・・」と、友人は残念そうにつぶやいていたのでした。まったく。。でも、この映画が公開される時には、真っ先に映画館に駆け込みたい!


人気blogランキングへ
banner
 ← 押すと出ます、今日のつぶやき。

 


20061206224410.jpg


*今日のおやつ*

小腹が空いたね、ということで、友人がタコスをちゃちゃっと作ってくれました。(これ、あくまでも、おやつです。)こちら市販のタコスキットを使ったものなのですが、メキシコ料理を中心とした大手ファーストフードチェーンのTaco Bellのもの。(日本でも、展開したら人気でそうです。)
そして、タコスの後には、ドーナツもいただきましたとさ。

【2006/12/07 13:11】 アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(7) |
パンに塗るもの

20061206021422.jpg


 この赤色のマシーン、なんだかお分かりになりますか?アメリカ人の大好きな・・・(ヒント:パンに塗りたくったり、クッキーに混ぜて焼いたりするもの)・・・そう、ピーナッツバター製造機です!
 ジャムコーナーに隣接した棚に、おもむろに2台。左には、プレーンのローストピーナツ(無糖)、右には、ハニーローストピーナッツが、待機しています。ソフトクリームのように、うに~っとバターが出てくる様子は、見ていてもおもしろいです。普段は、コーヒーミルと同じように、お客さん自身が操作してもいいようですが、この日は、店員さんが陳列棚に並べる用を、作りためていました。私も、香ばしい香りにつられて、ハニー味の方を購入してみました。


20061206021433.jpg
作りたてのピーナッツバターは、家に持ち帰っても、まだほんのり温か。お店で普通に見かけるものよりも、とろ~りとなめならかで香ばしく、ついつい味見のスプーンが進む・・・危険な美味しさでした。
 そういえば、小さい頃、母がたまに作ってくれる、ピーナッツバター&バナナのサンドイッチが好きだったなぁ。なんだか、洒落たものを食べているような気分がしていたんだなぁ。


20061206021448.jpg
 


  もうひとつ、最近見つけたお気に入りは、Trader Joe'sの"Cocoa Hazelnut Spreadです。後ひく濃厚なお味に、やられました。秋冬にぴったりの、パンのおともです。こんな風に、ミニトーストに塗れば、立派なデザートにもなります。(ちなみに、この"Mini Toasts"も、TJ'sで購入。カリッとした食感と、かわいらしい形で、パーティー用カナッペを作る際にも、活躍します。)


人気blogランキングへ
banner
 ← 押すと出ます、今日のつぶやき。

 


20061206021458.jpg*今日のランチ*
韓国人のお友達の家にて。突然の訪問にもかかわらず、あるのもで、ちゃちゃっと作ってくれました!力の抜けた”いつの風ご飯”で、なごみのランチタイムでした。こちらに来て、韓国人のお友達の料理を食べたのは、彼女ので3人目。それぞれの味をもっていて、それぞれの美味しいがある。料理とは、人なり・・・ですね。


 

【2006/12/06 13:13】 パン | トラックバック(0) | コメント(10) |
学校見学と串揚げ

  ピッツバーグに、ついに冬将軍到来(パッカパッカパッカ)。今日の平均気温は、27F°つまり-3℃・・・東京では、なかなか味わえない気温です。一日も早く、おひきとり願いたい、将軍様よ。


20061203185345.jpg



 先週末、日本から友人が来てくれたので、夫の案内で、彼の通う大学内を見学してまわりました。
教室をじっくり見てまわったのは、私にとっても初めて。週末にも関わらず、スタディールームやミーティングルームでは、熱心に勉強している学生達を、たくさん見かけました。一般的な日本の大学生の生活とは、比べるのも申し訳ない位です。(もちろん、そんな私の学生時代も、週末は学校の周りにすら、寄りつこうとはしませんでしたが。。)
 夫もこちらに来てというもの、勉強宿題勉強プレゼン・・・の過密スケジュールの日々。大好きな勉強、本当にお疲れ様です。(ちなみに、そんなハードな彼の毎日は、『MBAマッチョ日記』からご覧になれます。)
 私はというと、このブログからもお察しいただけるように、普段、何のプレッシャーもなく、ただひたすら楽しく毎日を送らせていもらっています。ありがたいことです。夫はたまに、私の立場を一日でもいいから、味わってみたい・・・と、心底羨ましそうにつぶやいています。


 ピッツバーグ1日観光の夜は、1ヶ月位前から企画してもらっていた、串揚げの会へ!日本人ご夫婦のお宅にお邪魔して、日本の素晴らしい食文化が生み出した、揚げたての串揚げを、ゆっくりと堪能したのでした。 
 この串揚げフライヤー、ちっちゃなクセに、なんとも素晴らしいエンターテイナーです。シンプルな野菜でさえ、この子にかかると、立派なご馳走!これは、アメリカ人にも、大ウケ間違いなし!夫と、購入を固く誓ったのでした。


20061203185359.jpg 20061203185416.jpg



 それにしても、日本の料理は、エンターテイメント性のあるものが多いですよね。お寿司(カウンター、回転)、天ぷら、鉄板焼き、お好み焼き、たこ焼き、お鍋(しゃぶしゃぶ、すき焼き、他いろいろ)・・・目で楽しんだり、わいわいと肩を寄せ合いいただく楽しさ、これは世界に誇れる食文化だと思います。アメリカにやって来て、改めて、日本の食の素晴らしさを思うひと時でした。



人気blogランキングへ
banner
 ← 押すと出ます、今日のつぶやき。

 

【2006/12/05 13:56】 アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(4) |
長い行列の正体は・・・

 昨夜は、日本からの友人を招き、すっかり夜更かししてしまったにもかかわらず、今朝は、目覚ましをしっかりセットして、飛び起きました。はずすことのできない、大事なeventの日なのです!


 誘ってくれた友人カップルと、郊外に車を走らせること30分。会場時間をちょっとまわった頃に到着すると、そこには、たくさんの車。そして、逸る気持ちを抑えつつ、建物内に入ると・・・


20061203185242.jpg 

  なんとも長い行列が待ち構えていました。お目当ての建物に入るには、入場制限があり、その前に、こちらの部屋で辛抱強く順番を待つのです。日本では、よくある光景かもしれませんが、アメリカでは、あまり見られないもの。記念にパチリ!
 そして、待つこと30分、ようやくメイン会場に入ることができました。


20061203185308.jpg


 そう、この体育館のような建物内で行われているのは、All-CladのB品(傷ものあり)の大セール!All-Clad といえば、知る人ぞ知る、プロ御用達のステンレス製調理器具で、普段は手を出すのをためらわれるほどの、いいお値段。めったにセールにかかることもなく、元工場のあったここピツバーグでは、年に2回そのセールが行われるとのことで、わざわざ飛行機に乗って買い付けに来る人も多いとか。出かけないわけには、まいりません。


 まずは、入り口で、大きなダンボールを渡されます。そう、ここでの、みなさまの買いっぷりは、日本人の想像をはるかに超えるのです。料理関係者と思われる風貌の人から、普通のおじちゃま、おばちゃままで、みんな気持ちいいほど、わさわさとお買い上げしていきます。


 そして私は・・・会場をグルグル回って、悩む悩む。台所関係のグッズに関しては、ついつい理性がふっとんでしまう私ですが、普段の40~70%OFFになってもなお、すぐには手の出ないお値段の物が多く、いつになく慎重に。。そして最終的に、おうちに連れて帰ったのは、こちらです↓



20061203235222.jpg 


眩いばかりの輝き・・・

 12 inchのノンスティックフライパン($84)と、12 Quartのパスタ鍋、steamer basket付き($65)です。 あれ?十分な散財ですって・・・すみません。でも、フライパンは、通常$150。(ちなみに日本の通販価格、8 inch で¥25,000 !) パスタ鍋は、通常$100ですから、かなりのお得かと。。B品といえど、ほんの少し、ひっかき傷がついていたりする程度なので、調理には支障なしです。
 
 夫へ:
いい道具は、質がいいだけでなく長持ちするので、長い目でみたら、安いものを何度も買い換えるよりは、お得かと。。お料理の時間が楽しいと、美味しいものも生まれやすくなるし。。ちょっとした投資だと思っていただければ、いいのではないかと。。(言い訳は、続く)



人気blogランキングへ
banner
 ← 押すと出ます、今日のつぶやき。

 

【2006/12/03 12:30】 アメリカ生活 | トラックバック(1) | コメント(5) |
Happy Birthday !! ×2

 昨日は、お友達の誕生日でした。それぞれの英会話教室が終わった後、みんなで待ち合わせをし、まずはランチに繰り出しました。その後、お茶をしに向かった先は・・・先週のサンクスギビング当日に赤ちゃんが誕生したお友達のお宅!


20061201104502.jpg

 「誕生日のお友達」&「先週やってきたbaby」の2人の誕生を、同時にお祝いできる、幸せなひと時でした。そんな主役の彼女も、2月にはママになる予定☆ イベント盛りだくさんのシーズンで、寒いピッツバーグの冬のことも、忘れてしまいそう♪ (と、のん気なことを言っていた昨日でしたが、今日はグンと気温が下がりました。朝22度→夜2℃→明日は予報は雪。。)


20061201104517.jpg 


誕生日ケーキに---
苺のロールケーキを焼いてみました。


 


 


 それにしても、産まれて1週間の赤ちゃんは、本当に小さい。一日中、じ~と見ていたいくらい、かわいい。でも、ご両親も側にいないこの地で、だんな様と二人で育てていくことは、傍から見ている以上に大変なことなんだろう・・・新しいお父さん、お母さん、がんばってね!頼りないおばちゃま達(あ、私たちのこと)も近くにいることだし、いつでも何でも、できることがあったら声をかけてくださいな。


20061201104533.jpg 


自由の女神風?



20061201104554.jpg 


 


 


「おば様方、もうそろそろ、おひきとり願えませんか。。」



人気blogランキングへ
banner
 ← お誕生日おめでとう!ポチッを、お願いします。

 


20061201104610.jpg 
+今日のスープ+


おとといの晩から8時間ほど、ことことことこと煮込んだ、テールスープ。お義母さん直伝の味です。教えてもらったレシピでは、しろ菜、大根、わらび、椎茸など、具だくさんにして作るのですが、今回は、材料が手に入らなかったり、値段が高かったり・・・で、卵を入れただけのシンプルバージョンにしてみました。味付けは、お塩と薄口醤油のみ。 冬は、温かいスープに限ります。


 

【2006/12/02 00:49】 アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(5) |
クッキング教室~トルコ料理

 今日は、月1回のクッキング教室@教会でした。今回は、トルコ料理。世界3大料理のひとつということで、楽しみにしていました。
 ちなみに友人は、ターキー(七面鳥)と勘違いしていたらしく、「Thanksgivingも終わったのになぁ・・・あ!この時期は、ターキーが安く手に入るのからかしら?」とかわいいことを、ひとりで考えていたようです。確かに、どちらも、Turkeyだ。


 今日作ったのは、以下の5品。

・Red Lentil Soup (レンズ豆のスープ、ミント風味)
・Garden Salad (いろとりどりの野菜を使ったシンプルなサラダ)
・Rice (米粒の形をしたパスタを混ぜたピラフ風)
・Oven-baked Chiken and Vegetables (鶏肉と野菜のオーブン蒸し焼き)
・Baklava Desserts (トルコを代表するお菓子、ナッツのパイ)


 "Oven-baked Chiken and Vegetables"は、まず、野菜と一口大に切った鶏胸肉を、オリーブ油、オレガノ、パセリなどと混ぜ合わせ、耐熱のビニール袋(Oven Bags)に入れます。数箇所、空気穴を開けてからオーブンに入れ、1時間半ほど焼くのです。


20061130005406.jpg20061129161702.jpg


20061130005612.jpg20061129161744.jpg

今回初めて目にしたOven Bags、かなり使えます!野菜汁がうまく全体に回って、鶏肉も柔らかく仕上がるのです。(こちら、即購入です!)


 "Baklava"(バクラヴァ)は、中近東で人気のペストリー。そういえば、どこかで食べた気がしますが、もちろん作るのを見るのは、初めて!とっても興味深かったので、ご紹介します。


20061129161809.jpg


FILLOという、紙のように薄い冷凍パイシートを使います。(1パック20シート入り) 
これだけの薄い生地を作る労力を考えると・・・これまた、かなり使えるアイテムです!(こちらも、お買い上げ決定。)


 シートを重ねるごとに、溶かしバターを、ところどころ刷毛で塗っていきます。そして、1パック使い切ったところで、くるみとピスタチオを細かく砕いたものをのせ、手でまんべんなく広げます。


20061129161823.jpg20061129161837.jpg


 


 


 


 



さらに1パック分を、同じ要領で重ねていきます。そして最後に、ナイフで、切れ目を入れていきます。先生の、流れるような動作に、ただただ感嘆!そして、残りのバターを回しかけ、オーブンへ。焼き上がりは、レモンシロップをかけるようですが、その場面は、見逃してしまいました。。


20061129161930.jpg20061129162001.jpg


 さて、お楽しみの試食タイム!今回は、缶詰などの手抜きもいっさいなく、作っている間も、美味しいに違いないと確信しておりました。


20061129162013.jpg20061129162120.jpg



 お味も料理のバランスも、パーフェクト!!下手なレストランに行くよりも断然美味しい、トルコの母の味でした。レクチャー付きで、$4なんて、破格のランチ代。申し訳ないくらいです。。
 トルコ料理は、色とりどりの野菜をたっぷり使い、目にも美味しく、ヘルシー。ミント、イタリアンパセリ、オレガノなどのハーブや、レモンが隠し味によく使われ、これまた新鮮!今回こそは、是非おうちでも、再現してみようと思います。


20061129162134.jpg20061129162222.jpg


 それにしても、世界には、まだまだ知らない料理が、いっぱいあるんだろうな。。
グルメ道、いざ、これかも楽しもうぞ!
 


人気blogランキングへ
banner
 ← ポチッと、応援クリックいただけると、嬉しいです!

【2006/11/30 13:11】 アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(4) |
深夜の事件

 先週末の出来事です---


 加湿器を買ったその晩、まだスイッチを入れていないのに、十分すぎる蒸気が家中を包み込む、そんな不思議な事件が起こりました。蒸気の出所は、加湿器からではなく・・・

 お風呂場から、夫がシリアスな声で、私を呼んでいるのです。何事かと駆けつけると、蒸気の中に、頭からぐっしょりと濡れた全裸の夫が。なにやら必死の形相から、事の重大さが伝わってきました。
 夫曰く、シャワーを浴びる為、蛇口をひねったところ、蛇口がポロッとはずれ落ち、とてつもない量のお湯が、その穴から噴き出してきて・・・止まらない!と。それはそれは、ものすごい水圧で、バスタブの端から端まで届く勢い!落ちた蛇口でその穴を塞ぐも、かなりの力が必要で、両手のふさがった夫は・・・


 夫 「とりあえず、何か持ってきてくれ!」
 
 私 「わかった!」 といったものの、その何かが思いつかず、部屋の中をうろうろうろ。
    (今思うと可笑しいが、何かに役立つと確信して) ”特大ゴミ袋”を見せる。
 
 夫 「・・・。」(首を横に振る。)
 
 私 さらに、うろうろうろ。ようやく台所で、”耐熱のゴム製鍋つかみ”を見つけ、
    ”ガムテープ”と 一緒に差し出す。


 夫 「よし」 採用された。


 あまりの水圧に、ずっと持っていることが不可能なので、代わる代わる鍋つかみをはめて穴を蛇口で必死に押さえる。ガムテープで固定しようとするが、そんな柔なものでは、とめようもない。。そして、30分にもわたる格闘の末、夫が最後にとった最良の策は、こちら↓


20061128000434.jpg 


 


実際の事件現場も、撮影しようと試みたのですが、真っ白の世界(蒸気)の中では、レンズも一瞬にして曇るのみ。。


 日本から持ってきていた、無印のハンガーラック。伸縮の調節がきくので、それを活かして、蛇口と壁の間を突っ張る形で、横に倒して固定したのでした。こんな用途で使われた、ハンガーラックは、初めてかもしれません。(いや、もしかしたら、世界のどこかで、もっと目から鱗の活躍をしているかもしれませんね。)

 翌々日に来てくれた管理人さんは、夫の応急処置を見て、「おまえは、天才だ!」と言っておりました。しかし、翌々日の対応というのが、なんともアメリカらしいところ。おかげで、夫は、2日間、お風呂にはいれずじまいでした。事件の直前にお風呂に入っていた私は、1日の辛抱で済んだので、不幸中の幸いかもしれません。。


人気blogランキングへ
banner
 ← とんだハプニングに、応援クリックをよろしくお願いします。


20061128000452.jpg*昨日のおやつ*


パン・デピスを焼きました。シナモン・ジンジャー・カルダモンなどのスパイスのきいた南仏のケーキで、はちみつだけで甘みをつけます。ねっちりとした食感が好きで、半年に一回くらい、思い出したように、焼くのです。今回は、りんごの角切りも入れてみました。焼き上がりのタイミングを見計らったように、管理人さんが登場したので、(仕方なく)おすそ分けしたのでした。


 

【2006/11/28 13:35】 アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(9) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。